dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (31)
出演ドラマ (382)
つぶやき (298)
イベント (167)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (219)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (25)
お買い物 (35)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (19)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (59)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (28)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (180)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (12)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (1)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2017.05.27(Sat) 17:49
やっと時間ができたので、韓国記事をもう一つお借りします。



「推理」クォン・サンウ・チェ・ガンヒコンビ、シーズン2でまた会いましょう

おさらい
 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「推理」クォン・サンウ・チェ・ガンヒコンビ、シーズン2でまた会いましょう


17-05-26 07:09

[マイデイリー=イスンギル記者]遠慮なくシーズン2を予告した結末。俳優クォン・サンウとチェ・ガンヒコンビをまた会う日が待たれる。

生活密着型推理クイーンソルオクとハードボイルドベテラン刑事ハ・ワンスンの話を描いてきたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン演出キム・ジヌ、ユ・ヨンウン)が25日夜放送された16回を最後に幕を下ろした。

最終回はコ刑事の銃に打たれたユ・ソルオク(チェ・ガンヒ)を抱えて緊急治療室に向かうハ・ワンスン(クォン・サンウ)の姿で始まった。

彼は意識がないソルオクに「また、会うことはないだろう。もう、私は真実のようなことに興味はない。 おばさんがけがをすることは見ていられない」と、最後の挨拶を残した後、ハ・エンド・ジョンに向かった。

時間が経った後、ワンスンは警察時代の人との接触を絶った後、ハ・エンド・ジョンで事務局長として優雅な暮らしをしていた。

突然、態度が変わって、ワンスンはあちこちで監視をされていた。

そうこうするうつ、ワンスンは、自分が失踪したソ・ヒョンスを米国で見つけたと言いふらした。

ソ・ヒョンスが死んだと信じていたハ・エンド・ジョンのハジェホ代表と直接彼女を殺害したコ刑事も動揺し始めた。

ところが、これはハ・ワンスンとユ・ソルオクの計略であった。

ソルオクが入院した時点からこっそり接触し秘密捜査を続けていたこと。

ホン・ジュンオ(イ・ウォングン)も、ペ・クァンテ(アンギルガン)も捜査に参加した。

結局。計略に嵌ったハ・ジェホはソ・ヒョンスが死んだことを確認するために直接、遺体がある場所を訪ねた。

捜査チームは、その現場を襲い、ハ・ジェホは逮捕された。

そのように必死で探していたソ・ヒョンスの白骨を確認して完勝は嗚咽した。

しかし、ハ・ジェホは反省しなかった。

彼の息子であるワンスンに向かって「あなたは何も知らない。

私はすぐに解放されるのだ」と言って、別の背後があることを示唆した。


そして事件解決後余裕を楽しむしワンスンとソルオク、そしてコ刑事が殺され、

ソ・ヒョンスのDNAの確認がされていないというニュースが伝えられた。

事件はまだ終わっていなかった。

さらに、自分をソ・ヒョンスと主張する女性が姿を現した。意味を持った結末だった。


「推理の女王」は、放送前から韓国版「シャーロック」と呼ばれ期待を受けてきた作品だった。

製作陣も二人の主人公の名前をシャーロックとワトソンを連想させるソルオクとワンスンにして、

あえて比較を避けていなかった。

世界的に大きな愛を受けた作品と比較対象になるということは容易ではないが

「推理の女王」の中のソルオクとワンスンは、それ自体でも、

視聴者の目をひきつけることができる魅力を持った人物であった。


ソルオクは家では普通の主婦で、

家の外に出る時だけ、近所探偵に変身する人物であった。

自分の感覚を最優先に考えているベテラン刑事ワンスンは、

このようなソルオクの推理を最初に信頼していなかったが、

いくつかのケースを一緒に解決していき捜査コンビに発展していった。


そして、最終的には、お互いにトラウマとして残っていた過去の事件の

真実まで突き止めることに成功しました。


このソルオクとワンスンのキャラクターを描き出すには、

チェ・ガンヒとクォン・サンウは、最適のキャスティングだった。

全国民が認めているこれまでのルックスのおかげで、

まだ「主婦」という設定が不慣れに感じられるチェ・ガンヒが

4次元思考と行動で事件を解決していくソルオクを

説得力のある演技することができる人物は、彼女しかなかった。


また、体ごと事件とぶつかる刑事のがむしゃらな面から

無関心なように温かくソルオクを守ってくれる優しい姿まで

幅広くとり備えたワンスンは、クォン・サンウの魅力を

最もよく表わし与えることができるキャラクターでもあった。


「推理の女王」は、より大きな背後の存在は、

新たに、ハ・エンド・ジョンを掌握したチョン・ジウォン(シン・ヒョンビン)、

コ刑事の死、自分をソ・ヒョンスと主張する女性などの要素を最終回に披露し

シーズン2を強烈に予告した。

生活密着型の捜査コンビ ハ・ワンスンとユ・ソルオクの新しい物語が待たれる理由だ。



Comment(0) 
Category:出演ドラマ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.