dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (32)
出演ドラマ (383)
つぶやき (300)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (219)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (25)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (20)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (12)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2016.03.21(Mon) 14:53
雑誌、アリーナオオム プラス4月号に掲載だそうです。

20160321_1458535365_22804000_1.jpg

なんだ、胸がきゅんとなる写真です。
 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~



クォン・サンウ、目つきで話す男[画報]

記事入力2016-03-21 13:45:48

[TVリポート=イ・ウイン記者]俳優クォン・サンウが爛熟した男として魅力を発散した。 男性ファッション雑誌‘アリーナ オムム プラス’ 4月号画報撮影を進行、カリスマあふれる目つきで視線を圧倒していること。

20160321_1458535422_81323900_1.jpg

今回の画報は古典映画館(名品映画館?)である'シネマテーク'を知らせるための後援画報.

クォン・サンウはこのような趣旨を生かすために情熱あふれるように撮影に臨んだ。

このように彼は映画界の発展のために直接一肌脱ぐ面目で温かさを加えている。


クォン・サンウが伝えた率直なインタビューとより多くの画報は

‘アリーナ オムム プラス’ 4月号で確認することができる。


イ・ウイン記者jarrje@tvreport.co.kr /写真=アリーナ オムム プラス


中国から帰って、オーストラリアへの家族旅行。

そして、また中国へという短い期間に、撮影してたんですね。


韓国でも、忘れられたくありませんものね。


早く『探偵Ⅱ』のシナリオができますように!


モウスコシ詳しい記事も。

クォン・サンウ、カリスマあふれる目つきで視線ひきつける画報撮影!

2016年03月21日(月)13:46:36演芸タイムズ

[造銀ニュース演芸タイムズ]

俳優クォン・サンウが男性ファッション雑誌‘アリーナ オムム プラス’ 4月号画報撮影を進行、

カリスマあふれる目つきで視線をひきつけている。

特にクォン・サンウはカジュアルな服装から断定したスーツまで多様なファッションを

完ぺきに消化するということはもちろん特別なポーズや動作なしで

強烈なオーラを吹きだす目つきだけでも品格ある雰囲気を作り出している。


何より今回の画報は古典映画館‘シネマテーク’を知らせるための後援画報であるだけに

彼はこのような趣旨を全て生かすためにより一層情熱あふれるように撮影に臨んだとのこと。


このように彼は映画界の発展のために直接一肌脱ぐ面目で温かさを加えている。


それだけでなくこの日画報撮影と共に進行されたインタビューで

“自ら怠けていないために今でも運動で一日を始める”と伝えたクォン・サンウは

“時間が過ぎても素晴らしいからだを維持して劇に似合った人物を消化できる俳優に残りたい”として

絶え間ない自己管理を継続する本人だけの理由を明らかにして

俳優としてのプロフェッショナルさまで表わした。


また、先だって、後輩俳優が共に進める画報コンセプトでは

映画、ドラマ、ショープログラムなど多様な分野で活発に活動している

後輩俳優チョン・ヨンジュと共に撮影を進めた。


何よりクォン・サンウは彼女が緊張しないように

現場を滑らかに導いていって雰囲気メーカーを自任したりもしたと。

アリーナa

俳優クォン・サンウが伝えた率直なインタビューと

より多くの画報は‘アリーナ オムム プラス’ 4月号で確認することができる。


一方、クォン・サンウは韓-中製作スタッフの合作による

中国ドラマ‘帰ってきた愛’の主演ソン・ジンナム役にキャスティングされて

中国活動により一層拍車を加えてアジア全域での位置づけをがっちり固めている。



Comment(0) 
Category:出版物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.