dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (33)
出演ドラマ (383)
つぶやき (301)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (220)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (26)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (21)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (13)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.10.07(Wed) 21:12
シリーズを期待する声が高まっていますね。


シリーズ化に自信を持つほどの楽しさ<探偵: ザビギニング>



 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~~



シリーズ化に自信を持つほどの楽しさ <探偵:ザビギニング>



キャラクターコメディーに推理スリラーの要素を加えたらスリラーはとても緊張して嫌いで、
コメディーはとても軽くて嫌いであるという気難しい観客の趣向も満足させる。
溌剌として才気あって、スマートな映画だ。


記事|チェ・ジェフン

シリーズ


予想通り秋夕劇場は<サド>が総なめにした。しかし、いつも予期せぬところで光を放つ映画もある。 <西部戦線>と<メイズランナー>など大作の隙間から相対的に注目を受けなかった<探偵:ザビギニング>は伏兵以上の宣伝をして、秋夕劇場街を笑いと楽しさで満たした。パク・チャヌク監督の<共同警備区域JSA>、<国家代表>、<いかさま師>など感動と笑いを溶かし大作もあるが、代々秋冬には<花嫁はギャングスター>、<家門の栄光>シリーズのような軽く笑って渡すことができるギャングコメディーが強気を見せた。しかし、暴力団コメディーは絶えず自己複製をし新鮮さを失っていった。その隙に<オー!ブラザーズ>、<シラノ恋愛操作団>、<ラジオスター>のようなさわやかなコメディやドラマが代替された。ここ数年<光海:王になった男>を筆頭に<冠状>この興行にみるようにファクション史劇が強気を見せている。引き続き<サド>の興行で、来年秋夕にもどっしりとしたファクション史劇一作​​程度はすでに企画されたかもしれない。しかし、笑いを消した<サド>があまりにもどっしりとした話で満たされて重く感じられる隙間を<探偵:ザビギニング>は軽い​​笑いの後に育児と夫婦生活という生活密着型の話と最後まで謎の雰囲気を失わない推理劇の要素を混ぜ合わせ秋夕の強者となった。期待以上という評価とともに興行傾向は加速度がついた。キャラクターコメディ推理スリラーの要素を加えたスリラーは、あまりにも緊張して嫌いで、コメディはあまりにも軽く嫌だという厳しい観客の好みも満足させる。若々しく才気があって、スマートな映画だ。


テマン(クォン・サンウ)は、未解決殺人事件プロファイリングをする同好会の会長であり、自称パワーブロガーである。あきれたことで警察試験に落ちた彼は、捜査のロマンはあるが、現実には二人の子供の無能なお父さんであり、古い漫画喫茶のマスターである。殺人刑事ジュンス(バクヘジュン)との親交を利用して警察署の周りを一周しながら、失われた夢をずっと追い続ける。広域捜査隊の最高のエリートであったが、左遷されて後輩の下で仕事をしてたベテラン刑事テス(ソン・ドンイル)には、テマンは面倒な存在である。ある日、テスの管轄区域で残忍な殺人事件が発生し、容疑者として名指しされたのがジュンスである。テマンは友達が濡れ衣を着せられたと捜査を開始し、これといった成果なしに後輩に無視されるテスは真犯人を探すために、テマンと手を握る。映画はつまらない漫画喫茶のマスターテマンとカリスマあふれる刑事テスというキャラクターが一緒に一団となるしかない事件をかなり要約してよく示している。問題は、キャラクターコメディで最も重要な俳優の組み合わせである。クォン・サンウとソン・ドンイルのケミは想像していたよりもはるかに相性がよく合う。最近の作品で大きく注目されていないクォン・サンウはフレークが絶対小憎らしくはない<同い年の家庭教師>や<青春漫画>の初期キャラクターに戻りながら一層軽くなった。その頃、映画の中のキャラクターが年をとって、今のテマンになったかのように自然で、実生活でもお父さんであるクォン・サンウ個人の育児経験まで自然に調和して可愛く分別あるおじさんキャラクターを作り出した。コミカルだが、情感あり心強いお父さんの役割で人気を集めているソン・ドンイルはカリスマあふれる刑事に戻って、いつも自らの分け前以上を生得瞬発力と演技力を見せてくれる。加えて、彼らののキャラクターがより魅力的なのは、私たちがクォン・サンウとソン・ドンイルに見たい姿も逃さなかったからである。捜査をした瞬間、テマンに(あるいはクォン・サンウに)重なるかっこよさと瞬間ホルレンこのような姿を見せる太守という堅いキャラクター(もしくはソン・ドンイルという確かな演技力)のおかげで、二人が見せる化学作用は、単純な文字コメディ以上で情感がある。ここに育児と家事に苦しむしかない平凡な家長の姿まで配置し、生活密着型のコメディを混ぜ主夫とパパの共感もよく含められた。


シリーズ2



利点は他にもある。推理スリラー的な要素が背面に配置されたものではなく、コミカルなストーリーと一緒にしっかりして細かくよく絡んでいるという点である。連続殺人事件の手がかりを解いていく方式や、散乱した手がかりを組み合わせて反転の輪を編んでいく方式が本格的スリラー劣らず緻密で面白い。 2010年イ・ソンギュンとチェ・ガンヒの組み合わせでロマンチックコメディを標榜した「けちくさいロマンス>以後5年ぶりに帰ってきたキム・ジョンフン監督は直接書いた脚本を介して、その中に蓄積したが、解放ないしなかった話の空腹を話し中に、よく溶かした。好き嫌いが分かれるたものの、<けちくさいロマンス>は登壇もしていなかった漫画家志望とセックスを一度もしなかったが、セックスコラムを書く女性という未熟で薄っぺらなキャラクターを前面に出した作品だった。社会的に萎縮いる弱者をフレークと後ろ指せずに愛情のこもった目で覗き込んでロマンチックコメディの要素を混合したが、中を覗いてみると、以下の大人の男女の真剣な成長物語でもあった。直接脚本も書くキム・ジョンフン監督はコミック捜査スリラー<探偵:ザビギニング>を介してジャンルの交配の中に新鮮な話を混ぜて出すことを知っている優れた話見たという事実を証明したわけである。率直に言って、映画に「ザビギニング」を使う場合は、先に進んだ話が非常によく知られているシリーズの場合が多い。 <探偵:ザビギニング>はタイトルそのままだと、テマンとテスがコンビの探偵になる過程を描いた最初の作品という意味である。エピローグは今後のシリーズを作るという覚悟を溶かした。製法柔軟に安着した、第二のための跳躍をしてもいいほど好感度が高く、本当にシリーズ映画で再び会ってみたいでもある。



シリーズ化、期待していますね^^


Comment(0) 
Category:出演映画 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.