dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (33)
出演ドラマ (383)
つぶやき (300)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (220)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (26)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (21)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (13)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.09.26(Sat) 12:14
まだ出てくる、インタビュー(笑)。


必死なんですね~。

こんなサンウくんを今まで見たことありません。


この粘り強さ強靭さ。

ただただ感服。


イン5

この写真は、昔とあまり変わっていませんね~^^ 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~

今日、アップされた記事です。

私たちがそこまで知らなかった、俳優クォン・サンウ(インタビュー①)

(ソウル=ニュース1スター)枚アルム記者|

2015-09-26 08:00:00送稿

俳優クォン・サンウは、4年ぶりの国内スクリーン復帰作

「探偵:ザビギニング」(監督キム・ジョンフン/以下探偵)について、

自分の演技人生のターニングポイントとした。

自分をスター隊列に上げておいた映画「同い年の家庭教師」当時の姿が見えるという話を聞くならば、「成功した」とし「私がよくすることができるキャラクターが何なのか悩んで挑戦した」と告白した。それだけ「探偵」はクォン・サンウには俳優としての悩みが激しく溶けている作品であり、自分の利用価値を試験台に載せた作品でもある。

「スター」という全盛期を享受した俳優であれば、率直なコミュニケーションの方法にてこ恐怖を食??べたりする。自分の虚心坦懐な告白を介して「危機」ということが認められる瞬間、大衆にそれは本当の「危機」として認識されるからである。だから「韓流スター」クォン・サンウの「本当に切迫した」という話が「見かけ」ではなく「本気」で伝えられている。 「私の告白が、すぐに危機意識の惨劇」という、加減ない一言がクォン・サンウがどのよう俳優としての活用価値と方向性について悩んしていることを改めて実感させた。

クォン・サンウの心機一転(心機一轉)は演技の変化でさらに示している。コンビで呼吸を合わせたソン・ドンイル、やはり「エゴマ油のような演技」と話したほどの力を抜いた自然なコミック演技が観客に愉快に近付く。自然なコミック演技のために自分だけのアプローチについて激しく悩んだ結果だ。 「のせていく俳優ではなく、責任ある俳優になりたい」という言葉で、人生のターニングポイントとした「探偵」への愛情表現を代わりにした。私たちがそこまで知らなかった、「俳優クォン・サンウ」を再知る瞬間だった。


俳優クォン・サンウが、最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、映画「探偵:ザビギニング」で4年ぶりに国内スクリーンに復帰することになった所感を明らかにした。 ?News1star /グォンヒョンジン記者

イン1


Q.映画「痛み」以来4年ぶりのスクリーン復帰だ。久しぶりの復帰作が「探偵」でなければならなかった理由があるか。
A.推理をよくするガンデマンというキャラクターもあるが、子供のお父さんとしての姿が他の俳優との差別化してよく延期することができるような気がした。実際に子供のお父さんでもあり、子供と一緒にいた時間があるので、少なくとも現場には見知らぬ感じはないだろうと思った。本当に快適な気持ちで演技した。私はお父さんであることを気にされるの観客の方々に実際と同じような姿を見せることができるようだったよ。また、何よりも一番重要だったのはシナリオを本当に面白く読んだということだ。

Q.「ひとまず走れ」、「同い年の家庭教師」などのコメディ映画の後に、主に落ち着い役割を担ってきた。そうするうちに、再び「探偵」に力を抜いたコメディ映画で帰ってきたのはフィルモグラフィーに変化を与えようとした計画なのか。
A.それもそれなりの計画であれば、計画と言えるだろう。コミック演技をするとしたら、メローをしたいと思い、着実に、他のジャンルに多様な挑戦したかった。一つの演技で固められるより多様な演技を見せてくれれば良いという考えである。

イン2

俳優クォン・サンウが、最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、映画「探偵:ザビギニング」を復帰作に選んだ理由を打ち明けた。 ?News1star /グォンヒョンジン記者



Q.最近、公式の席上で「探偵」がターニングポイントと話したりもした。 「探偵」をターニングポイントに與えたきっかけは何ですか。
A.個人的には本当に切迫した。事実大作映画ではないが、私の状況では、本当に最高のシナリオだった。観客に「私クォン・サンウ、まだ死ななかった」ということをお見せしたかった。実際にすべての俳優らがみな同じように危機を感じたりする。それこそないことだけだ。私の性格上、私はこのような何か率直に言って方だ。これむち打ちとも思う。危機意識の惨劇という言葉が一番よく合うようだ。今30、40代を過ぎての過渡期も一緒に通っている。

Q.過渡期を通る過程で「探偵」を介して、俳優として目指すべき方向への答えを見つけたつもりなのか。
A.私の好きな??先輩のいずれかがチョン・ウソン先輩だ。ところが、チョン・ウソン先輩のようにクールな役割のみをすることができるのはないようだ。観客が私のどんな姿を好きか考えてみた結果、それ映画「同い年の家庭教師」の時のようだったよ。どのように見ると、「同い年の家庭教師」基一番良い評価を受けた作品でもあるので、「探偵」を介して「私が最もよく??するキャラクターで突破してみよう」という考えだった。

イン3

俳優クォン・サンウが、最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、自分の演技の方向性について悩んだ過去の日を石せた。 ?News1star /グォンヒョンジン記者



Q.コミック演技を俳優クォン・サンウの特殊性とみなさすればいいか。実際にクォン・サンウはコミカルな演技をよくする数少ない韓流スターのいずれかである。
A.ファン・ジョンミンやソン・ガンホ先輩たちのように「演技の神」の領域で評価される円は難しいようだ。ただし、一般に、愉快で楽しい俳優になることはできるという気がした。演技をよくする俳優は多いが、コミカルな演技を特別によくする俳優たちがまた別にある。ソン・ドンイル先輩が代表的である。今回ソンドンイル先輩と「探偵」で呼吸しながら、先輩との積集合を感じた。私これから行くべき道をソンドンイル先輩を介して見ることになった。

Q.実際に「探偵」でのソン・ドンイルとの呼吸に対する好評が続いている。一緒に演技する側も、後輩として眺めるの面でも楽しい経験になったようだ。
A.本当にソン・ドンイル先輩と毎新ごとに愉快で楽しい撮影した。真央にコミック演技をされることも、そのような姿は余りにもおもしろかったよ。刹那の瞬間に自分だけの演技を作ってナッシュた本当に驚いた。だからブロマンスが本当に良かったようだ。それ映画にプラスになった要素であるようでもある。

イン4

俳優クォン・サンウが、最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、自分だけのコミック演技のアプローチについて話しました。 ?News1star /グォンヒョンジン記者



Q.それではクォン・サンウが自分だけのコミック演技をするために最も心配している部分は何だろうか。
A.どのような役割をしてもキャラクターに自分の姿が入ることになる。より心配しているのはどのように自然にコミック演技をすることができるだろうかだった。それだけのアプローチではないかと思う。

Q.コミック演技に加えて、クォン・サンウはアクションを非常によくする俳優として定評ある。
A.実際に月曜日から土曜日まで毎日午前1時間の運動をする。他の人のように2~3時間の運動は難しい。疲れすることもできない。 (笑)準備されたボディとアクションで良い作品が来ればしたいという思いである。アクションは、おそらく他の俳優にはない、自分の臓器がなることができるようである。


俳優クォン・サンウが、最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、映画「探偵:ザビギニング」が自分のフィルモグラフィーで持つ意味について告白した。 ?News1star /グォンヒョンジン記者



Q.クォン・サンウが、過去4年間、俳優としての方向に対して激しく悩みという感じを受ける。
A.実際に普段の自分に激しく悩む方だ。みんな考えない俳優であることを知っていると思いません俳優ではない。 (笑)映画を製作しようと作った法人もあり、自分だけのシナリオも持っている。中間にずれたことも多いが、それなりに私の夢のために懸命に生きようとする。

Q.そんなクォン・サンウが「探偵」を介して観客に最終的に話をしたいと思うことは何ですか。
A.私は「探偵」が4年ぶりの映画と、ソン・ドンイル先輩も助演ではなく、主演に挑戦した映画だ。また、監督も映画「チェチェハンロマンス」以来5年ぶり市とする。我々は、すべての人間対人間にあまりにもよく似合った。たとえナンバーワンの集まりではないが、映画「暗殺」のように豪華キャスティングではありませんが、それなりに私たちだけの話をよく解放みようという気持ちで映画を作った。興行もやはりのどが渇いて。のせていく学習されたくない。ある程度の責任を負うことを知っている、そのような俳優になりたいと思う。
aluem_chang@news1.kr



コチラから、お借りしました。
Comment(0) 
Category:インタビュー 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.