dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (31)
出演ドラマ (382)
つぶやき (298)
イベント (167)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (219)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (25)
お買い物 (35)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (19)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (59)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (28)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (180)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (12)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (1)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.09.25(Fri) 21:33
25日午前、映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによる記事が出ていました。


201509250939517271_l.jpg
▲秋夕封切り映画
お盆シーズン最新映画がボックスオフィス3位から6位まで並べ定着して順調な出発を知らせた。


1位 サド  2位 「迷路のランナー:スコッチトライアル」。

そして、3位に『探偵』です。


詳しくは、続きへどうぞ。

 

more

~~~~~~~~~~~~~

秋夕最新映画、ボックスオフィス3〜6位の横の定着

入力:2015.09.25 09:40 |修正:2015.09.25 09:40



25日午前、映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、「探偵:ザビギニング」(監督キム・ジョンフン)は、開封初日24日の日、全国486スクリーンで5万536人の観客を動員してボックスオフィス3位に上がった。

同じ日に公開した「インターン」(監督ナンシー・マイヤーズ)と「西部戦線」(監督チョン・ソンイル)、「エベレスト」(監督バルタザールコルないクール)もそれぞれ5万14人と4万7434人、2万5680人を動員し、4 、5、6位に並んで位置した。

秋夕シーズンの映画は封切り前から関心を受けた。国内の映画から外貨まで多くのジャンルの自信作が予告され、多くの期待を集めた。

24日封切り映画の中で最も高い順位を占めた「探偵:ザビギニング」は俳優クォン・サンウとソン・ドンイルの「ケミ」が引き立つコミック探偵捜査物である。去る2010年「チェチェハンロマンス」で初登場したキム・ジョンフン監督の作品が今後どのような成績を出すことができるか期待が高まっている。

俳優ソル・ギョングとヨ・ジングの組み合わせで大きな関心を得た「西部戦線」は戦争コメディ映画で「海賊:海に行った山賊」(監督イ・ソクフン)の脚本を書いたチョン・ソンイル監督の作品である。休戦3日前農作業を建てる連れてこられナムハングンソル・ギョングと本だけでタンクを学んだ北朝鮮軍ヨ・ジングが出くわす内容のこの映画は、秋夕を迎え、家族、観客が一緒に表示いい。

外国映画の勢いも侮れない。
俳優ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ主演の「インターン」とエベレストの広をスクリーンに移しておいた「エベレスト」も期待作として挙げられる。

開封初日順調な出発を知らせたが、映画が本格的な秋夕連休を迎えどんな成績を出すことができるか帰趨が注目される。

一方、同日「サド」(監督イ・ジュンイク)は11万8007人を動員し、1位を維持した「迷路のランナー:スコッチトライアル」(監督ウェス見る)は6万5728人の観客数2位を占めた。



こうして見ると、ヒットってなかなか大変ですね~。

でも、今週封切の中では1位。

頑張ってほしいです。


それから、こんな図がありました。

損益分岐点

『探偵』の総製作費は38億ウォン。

損益分岐点は180万人だそうです。

日本にいくらで売れるか・・・も、大きな要素。


日本で見たいです!


次の良いオファーが来るように。 180万人突破を願います。

昨日のHTで、サンウがパロディで言った「観客 劇場に戻ってくるんだ~」。

切実ですね~。





Comment(0) 
Category:出演映画 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.