dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (32)
出演ドラマ (383)
つぶやき (300)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (219)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (25)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (20)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (12)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.09.18(Fri) 21:08
それでも、インタビューはまだまだ続くわけで・・・・


一生懸命答えているサンウくんに敬意を表し、載せてみます。

オーセン2


記者さんが、期待していたより良かったと書いてくれています。

良かったです♪

以前同じような記事がありましたが、もう少し詳しいいです。



 

more

~~~~~~~~~~~~~~~


「探偵」クォン・サンウ、予想外に笑わせ期待以上カッコよかった[インタビュー]

OSEN =バクパンソク記者l 2015.09.1​​8 13:58
印刷印刷|



[OSEN =バク・パンソク記者]

俳優クォン・サンウが4年ぶりに「探偵:ザビギニング」(以下「探偵」)に帰ってきた。過去の映画やドラマとメローで見せてくれた素敵な姿はすっかり捨てて、世間知らずなお父さんと同時に卑屈な夫に変身した。 4年ぶりにクォン・サンウが選択された作品で意外だった「探偵」は期待していたよりも笑わせてはるかに感動的だった。

予期せぬ選択をしたクォン・サンウは切迫があった。だから、現在の状況で最もよくすることができる役割である「探偵」でカン・デマンの服を着た。それだけに映画「探偵」の中で、クォン・サンウの姿は、快適で楽しく見せた。ソン・ドンイルの代わりにギャグを引き受けて、観客を楽しませた。映画の中でだけでなく、映画の外で「探偵」の話を打ち明けるクォン・サンウの姿で「探偵」に対する格別な愛情を感じた。

クォン・サンウが愛情を持つ対象は、映画以外に家もある。結婚7年目に入った夫として妻にすべての生活パターンを合わせたと話して子供を自然に育てたい父であった。結婚して良かったと話している彼を見て羨ましいと思った。



次はクォン・サンウと一問一答

- 4年ぶりに映画復帰作でアクション映画でもメロー映画でもないコメディ映画「探偵」を選択した理由は何なのか気になった。

「元から壊れることの恐怖はなかった。俳優として観客がクォン・サンウを見て想像していなかった姿を見せたい欲も多い。 「探偵」のシナリオを見て推理するカン・デマンより妻のソ・ヨンヒと家庭を守って子供を育てる姿に親近感があった。どんな俳優より、このような演技を自然にすることができという自信もあった。インタビューに来る前に子供のおむつを替えてきた。 」


- 親しいソン・スンホンも「ミスワイフ」でお父さんの役割を消化した。ソン・スンホンの演技はどうだった?

"ソン・スンホンはあまり壊れたものではない。偽物っぽくないですか?。 もっと壊れなければならない "


- 今回の映画「探偵」の撮影現場では、どうだったか?

「以前に映画の撮影するときは、製作会社の代表が誰かも知らずに撮るときもあった。撮影に忙しかった。今回の「探偵」は少し違った。製作会社が家の近くにあって見ることなくてもよく遊びに行った。そして、撮影がない時も、いつもの撮影現場に行ってソン・ドンイル先輩が撮影するのを見物した。それとともに、他の撮影スタッフとも親しくしながら、撮影現場に行くのを楽しんだ。それに最初に気付いた映画が「探偵」である。 」


- 推理物ならアクションを期待したが、意外にもアクションがなかった。

"ソン・ドンイル先輩も「アクションならクォン・サンウがすべきなのに、なぜ私なのか」と不満を吐露するほどだった。しかしカン・デマンという役割上、今回の映画では、アクションがないのが正しい。無理に入れたくなかった。代わりに体の管理を着実に​​しながら、クォン・サンウだけのアクション映画を見せるために準備している。 「マルチュク青春通り」では、私のアクションをたくさん褒めてくださる「マルチュク青春通り」の時はアクション映画だと思っていなくて準備した。今度アクション映画を撮ることになれば、きちんと準備してしっかりとしたアクションをお見せしたい。」

オーセン

- ドラマを撮るつもりはないのか?

「当分の間は、ドラマより映画に集中したいと思う。映画を通じて何かしたくて何か成し遂げたい気持ちがある。記事化されていないからわからないだろうが、日本で1年に3回ファンミーティングもして、中国では着実に映画の提案が入ってきて撮影している。次の作品も中国で映画を撮るようだ。しかし、映画俳優として韓国では危機だと思う。私は今年韓国年齢で40歳である。 30代後半から40代前半の男性俳優は誰でもスランプを経験するようだ。このような悩みをかなりした。私はチョン・ウソンのように素敵な役割のみをすることができる俳優ではないからである。私の同年代の俳優たちがどのようにスランプを克服し、どのような状況でどのような映画を選択して、どんな道を歩いていったのか研究している。 」


- 結婚する前と後で最も大きく変わった点は何ですか?

「映画とドラマを行ったり来たりしながら、作品がない空白期に焦りを感じるたびに、妻が大人っぽく多くなだめてくれた。まだ妻が私をたくさん愛していると感じる。結婚初期には、互いに異なっていたので、妻と戦うこともした。今は妻の生活パターンに私の生活パターンが合わせられた。たとえば以前には明け方2-3時まで海外サッカーを見て目覚めていたが、妻が早く寝るのでこの頃は早く寝床につく。」


- 育児芸能で姿を見せるつもりはないか?

“何年目芸能側から多くの提案が入ってきた。 私だけでなく妻にも手紙とプレゼントを通じて提案をしてきた。 全部嫌いだといった。 育児芸能をしなかった理由は子供を育てるということは生活を送って自然にするべきなのに私が子供を育てて自然に露出するのは仕方ない。 ところで放送を通じて作られて子供たちと何かをして演出するのは良くないと考える。 そんなことが俳優にはマイナスだ”

Comment(0) 
Category:インタビュー 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.