dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (33)
出演ドラマ (383)
つぶやき (301)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (220)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (26)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (21)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (13)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.09.13(Sun) 18:27
丁寧なインタビューがありました。


「怪しい彼女」のようになるように  コチラから、お借りしました。


コミカルな映画でもヒットするんですよね。

サンウくんの願いが伝わってきます。

インタビュー2


続きへどうぞ・・・

 

more

~~~~~~~~~~~~~~

時間がないので、翻訳機で訳しただけですが・・・。

また、時間があるときに、手直しします。



[インタビュー]クォン・サンウ、「「探偵:ザビギニング」、「怪しい彼女」のようになるように "①

ジョンユンフイ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2015-09-13 14:20:24修正時間:2015-09-13 14:20:35



【ヘラルドレビュースター=ジョンユンフイ記者]

「このように、ぱっと接するお父さん役は初めてです」クォン・サンウが力をぱっと抜いて二人の子供の父親になってスクリーンに復帰した。 4年ぶりに「探偵:ザ・ビギニング」に帰ってきたスクリーンの中クォン・サンウは一層楽で余裕だったが、封切りを控えてなんだか緊張感が感じられた。


「1年に2〜3作品ずつする俳優ではないから、たまに撮る作品だから緊張して、さらにうまくいけばという風が大きいです。事実1年に3編撮っだけんら、よくてもヒット作は一つはあるんじゃないですか(笑)。これは、久しぶりに出てきたのだから、より緊張されたり気にしたりして、新しく撮って試写会もしているプロセス自体がときめいて緊張しますが、気持ちの良い緊張感を持っていると思う」

「探偵:ザビギニング」は「探偵:ザビギニング」は韓国のシャーロックを夢見る推理光カンデマン(クォン・サンウ)と広域捜査隊レジェンド刑事ノ刑事(ソン・ドンイル)のプライベート合同推理作戦を盛り込んだコミック犯罪推理劇。

クォン・サンウは、かつて警察官を夢見たが、現在は漫画喫茶を運営して生活と育児の責任を負う平凡な家長の漫画喫茶のマスターカン・デマン役を引き受けて久しぶりに「正しく」壊れた。意図した壊れはなかったが、力を抜いたクォン・サンウの姿がいっそうより自然に感じられた。

「壊れるよ?今までしていたほどのトーンをした子供の父にあるので、お腹がなってくると思います。そんな確かなようです(笑)」

「映画撮りながら心理的にされるように余裕を持って自分自身が少し原点で一度始めてみようという感じでいたと思います。私髪の毛も多く頭が浮くスタイルなのに頭もない閉じてふさふさにそこそこ鏡にもならない報告されるようやすくましたよ。日常的な姿のように見せたい姿が観客に楽に近づいたと思う。役割に合っているが、私は情けなく見える長いんですよ(笑)」

クォン・サンウが「同い年の家庭教師」、「青春漫画」以後久しぶりにコミック演技を決心したのは「探偵:ザビギニング」のしっかりとしたシナリオと一緒に呼吸を合わせたソン・ドンイルの役割も大きかった。

「本当のコミック演技が一番困難な演技だと思います。落ち着いどんな演技だよくされる方が多いコメディは呼吸も重要で即興的なものも多く、即興的に本物の演技をよくしながら興行も上手学ぶソン・ガンホ、ソン・ドンイル先輩抜いて考えがよくないですか。そのような部分が私をたくさん助けてくれました。キャラクター自体がカリスマ性のある役割だが、一見、一見見える強いが面白い?そんなものは、台湾がが遊んこと誇張されないように科しないようにうまくコントロールしてくれているようで良い。謹厳なのに笑わせ没入することができますが、余白がある何かをするつもりのようなそのような期待感がのです」

「私たちの映画がパンポン部分は、実際にはよく分からない。全体的に愉快なこと撮るとき笑わせがバーバリーのコートを着ガンプンギスェミョンソ出るつもりウッド引っ張り、予備軍服を着...事実編集されたが明るくて喜んで出てき。撮影する時もうれしかった台湾ががときめく瞬間が私に面白く近づいてきたと思います。特に家から脱出したとき?(笑)」

インタビュー1

「コメディが難しいのが意図して面白いことにオーバーになっていないと到達できていると思いますよ。過剰なコメディではないと思う方ガンデマンキャラクターを見ると、自信を持って欠けた消極的な姿?そんなこと勇気を出して何と言ってもしようとするようなところで出てくるコメディが強みでしょうか」

久しぶりに開封する映画だけ興行に対する負担感も大きい。また、秋夕を迎え大作と対戦する状況だから、プレッシャーはさらに大きくなった。

「興行負担であり?前作がスコアが良くないから...。良い映画だった第フィルモグラフィーに重要な映画なのにかなり多く...。インターネットでは、ヒットも高く、なぜ劇場ではない見たか?海外のファンもたくさん好きくださって前れるように大切に作品なのに、とにかくスコアが重要な物差しからね。今回の「探偵:ザビギニング」は興行と良いという切実な願いがのです。続編を撮るだけ?」

「物足りなさよりも良かったと思いに耳を傾ける。後半作業する時間も短く、お盆とき、開封するとは思わなかったんですよ。されるように急いで監督もタイトに撮影して作業していたと思います。お盆時開封初めてみた(笑)。ガンデマン話が家庭が最も中心であるため、お盆の時に家族の方々同士を見るまともな映画みたいです」

「秋夕だから、お盆の時に家族と見るこ​​とができるクォン・サンウのお父さんコメディを見ることができる映画?それが一番のポイントでしょうか?劇場に人がいないために、私たちだけ良いものができないだろうしジャンルも異なるため、のような良いことが重要だと思う。両方よくされた場合に私たちの映画が怖いのが、観客パイがとてもパークされると、可能性のある映画であることも同じで。私たちは、漠然と「怪しい彼女」のようになることを願っています。慎重に。私の夢です。 「怪しい彼女」も、最初にアンダードッグで開始して大当たりを覚ますでしょう。率直に言って生き延びたい(笑)」

(写真=ミンウンギョン記者)
Comment(0) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.