dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (33)
出演ドラマ (383)
つぶやき (301)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (220)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (26)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (58)
未分類 (21)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (61)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (13)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.09.10(Thu) 21:11
今日はたくさんのインタビューの記事が出ていました。

10419548_524219084410595_4675592022893407248_na.jpg



「育児芸能?私生活まで評価されたくない」

201509101430561110_1.jpg




 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~~

クォン・サンウ「育児芸能?私生活まで評価されたくない」
ヒット数:85 2015-09-10 14:31:03




[ニュースエン文ジョヨンギョン記者/写真イ・ジェハ記者]

クォン・サンウが育児芸能プログラム交渉を何年も断った理由を明確にした。

映画「探偵」(監督キム・ジョンハン/制作クリエイティブ・ピクチャーズ)封切りを控えているクォン・サンウは9月10日、ソウル三清洞のあるカフェで行われたインタビューで「育児芸能プログラム交渉は数年の間入って来た。両方の多入ってきた」とし「監督の電話はもちろん、作家がワイフに花とケーキも手紙も書いて送ってくださった。とても感謝して、また申し訳ありませんが、今後もすることはできないことだ」と述べた。

クォン・サンウは「これは極めて個人的な私の考えですが、率直に言って俳優にはマイナスであるようだ。自分にはそんなこともある」とし「私は普段にもワイフと子どもと歩き回ることを好む。」何か食べに行こう!」といえば、すぐにすぐに実行に移す。日常生活の中で、私たちの姿を撮って掲載することまで防ぐことはできませんが、私も、私が私の子やら遊び行くのにそれを人々の関心と視線のためにしないということにはならないでしょう」と説明した。

続いて「そのような日​​常は、ごく自然な私生活である。芸能プログラムに出演すると、私たちの私生活を示すものであり、いずれかの設定まで作って評価されたくはない。それは私の素直な気持ちだ」と付け加えた。

「探偵:ザビギニング」は韓国のシャーロックを夢見る推理光ガンデマン(クォン・サンウ)と広域捜査隊レジェンド刑事ノ刑事(ソン・ドンイル)のプライベート合同推理作戦を盛り込んだ作品である
。 9月24日封切りする。




インタビューは、映画のプロモーションのためにしているけれど、

結局、そこに注目が集まるのは・・・

ちょっと、しんどいですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

クォン・サンウ「子育て芸能数年間拒絶..家族の評価を受けたくない」


マネートゥデイスターニュースギムヒョンロク記者

|入力:2015.09.1​​0 14:26 |再生回数:289

家族の評価

俳優クォン・サンウ/写真=ホンボンジン記者


俳優クォン・サンウが長年の間、育児芸能出演オファーを受けたが断ってきた明らかにした。

クォン・サンウは映画「探偵:ザビギニング」の公開を控えて10日午後、ソウル三清洞のあるカフェでスターニュースとのインタビューを持ってこのように述べ。

俳優ソン・テヨンと結婚、息子ルクィと娘リホがいるクォン・サンウは「長年の間、放送局から子育て芸能提案を受けたが断ってきた」と明らかにした。続いて「俳優としてマイナスだと思った」と説明した。

クォン・サンウは「家であまりにもワイフたちとよく出かける。生活の中で、私は私の子やら家族と出かけて、人々に見てもらい写真が撮られたならば自然なことだが、それを芸能まで行って見せ評価されたくはないのが本心だ。それが育児芸能に出ない理由」と付け加えた。

「探偵:ザビギニング」は韓国のシャーロック・ホームズを夢見る推理マニアであり、子育てに悩まされている漫画喫茶のマスターと伝説の広域捜査隊刑事がコンビになって事件を解決していく過程を描いたコミック推理劇。 4年ぶりにスクリーンにカムバックしたクォン・サンウは虐待デギ夫であり推理マニアに分解コメディ演技を繰り広げた。映画は来る24日封切りを前置いた。


子育て芸能番組から、たくさんオファーがあったと思ってました。

ここまでは、特に目新しい記事ではないですね。



ところで、次の記事は・・・・


わかっているのね・・・^^;



この記事が、胸にずしんと来ました。


「探偵」クォン・サンウ」俳優として今が最も危機だと思う」(インタビュー)

[日刊スポーツ]入力2015.09.1​​0 13:56


俳優クォン・サンウが俳優として今が最も危機だと思っていると明らかにした。

クォン・サンウは10日午後、ソウル市鍾路区三清洞のあるカフェで行われた映画「探偵:ザビギニング」(キム・ジョンフン監督)のインタビューに出席した。

この日クォン・サンウは「俳優として今が最も危機だと思う。記事にはしていなかったが、日本では毎年2〜3回程度のファンミーティングをする。中国で作品活動もしている。 背景を知らない人は活動がないかのように言うが、そうではない」と述べた。

どうしても中国と日本を行き来すると、韓国での空白が意図せず長くなったこと。クォン・サンウは「危機だと思う。ストレスや負担感がある。後でド​​ラマも良い作品に出会うだろうが、今は映画に集中したいと思う。認知度や良いシナリオが入ることができるように努力しているところだ」と説明した。


やっぱり、韓国での人気が一番大切。

この作品は外せない。


日本へも、年2回でいいのにね^^

気が散るようなら、1回でいいいよ。

2年に1度、ディナーショーで。

演技派俳優には、「韓流スター」という冠は、邪魔よね。


もう、アイドルやスターは卒業して、俳優らしい俳優になってほしいな。

日本へ来るときは、遊び感覚でいいいよ^^  大見に見てあげる^^

って、これは、私個人の見解ですが(笑)。



可愛い写真がたくさんあったので、載せておきますね。

11249096_524219041077266_3300620203110331336_n.jpg
11230646_524219101077260_3792403749749686310_n.jpg
10419548_524219084410595_4675592022893407248_n.jpg


私の、好きなポーズはこれ^^

12006376_524218974410606_3862619125993050532_n.jpg


そして、これ。 ちょっと、乙女みたい(笑)。 可愛いい。

11998887_524219137743923_8131535601951847563_n.jpg


11986991_524219161077254_7587576153088752791_n.jpg

11987081_524219004410603_5609511776879347234_n.jpg

11988208_524218917743945_3655837642249796004_n.jpg

11988667_524218907743946_3920647231262436454_n.jpg

11990642_524218957743941_297201041278575424_n.jpg

12011393_524218941077276_6285475492661545195_n.jpg




Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.