dj_top

natu924

Author:natu924
FC2ブログへようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

サンウ近況 (219)
ニュース色々 (33)
出演ドラマ (383)
つぶやき (301)
イベント (169)
韓国ドラマ (12)
韓国なこと (59)
出演映画 (220)
投票 (8)
映画 十二生肖 (53)
映画『痛み』 (14)
監督 (2)
出版物 (26)
お買い物 (36)
映画 (6)
韓国旅行 (3)
映画情報 (4)
Life (2)
KSWファミリー (57)
未分類 (21)
クォン・サンウ出演番組 (36)
昔のこと (1)
美味しいもの (9)
中国ドラマ関連 (3)
中国 微博 (54)
韓国俳優 (30)
中国ドラマ (22)
日本公式ファンクラブ (68)
CSWS (60)
サンウチングとお散歩 (30)
クォン・サンウについて (57)
世界の映画事情 (1)
インタビュー (29)
韓国歌謡・ポップス (10)
中国なこと (2)
日本の俳優 (4)
旅行 (32)
国内旅行 (2)
ドラマ『野王』 (181)
韓国映画・韓国ミュージカル (11)
CM (13)
日本のエンターテイメント (5)
空 (2)
韓国のテレビ番組 (14)
中国での活動 (1)
日本のテレビ番組 (2)
コラム (1)
韓国語教室 (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

美しいもの・美味しいものが好き☆俳優クォン・サンウの応援ブログです  
http://sangwoo924.blog.fc2.com/
sen
2015.08.04(Tue) 17:07
チソン Vs クォン・サンウ。

長い記事がありました。

[スター★信号]

「チソンvsクォン·サンウ「妻帯者系のアイドル、真の強者を見分けろ」

012892832bc8e969942e73093d619de9.jpg


コチラから、お借りしました。

 

more

~~~~~~~~~~~~~~~~

[スター★信号]「知性vsクォン·サンウ「妻帯者系のアイドル、真の強者を見分けろ

ツイッターで送るFacebookで送信


[ウィ・ヒョソン記者]

このように魅力的な既婚男性とは!

平和な家庭を設けると同時に、俳優としての地平をさらに広げた俳優たちがいる。

クォン·サンウとチソン。

結婚後もアイドルもうらやましくない人気を享受する既婚男性俳優系のダークホースだ。

40歳のクォン·サンウと来年には40代に入るチソン。

彼らはデビューの時から青春スターとして名をとどろかせ、

現在ブラウン管とスクリーンを行き来して縦横無尽に活躍中の俳優たちに位置づけた。

どの作品でも優れた演技力を見せる彼ら。

しかし、それぞれが光を放つ分野は互いに異なっていた。


年齢顔負けの彼らの活躍がさらに嬉しい今、

いきいきしたデビューの頃から、代替不可能な存在感を示し、

これまで彼らが歩んできた道を一緒に見てみよう。

120f5835f08545b6aaf1398fa176d514.jpg

#Round 1 - 「ニューハート」イ·ウンソンvs「天国の階段」チャ·ソンジュ

ブラウン管ラウンド1。 2000年代のドラマ市場内クォン·サンウとチソンの対決は、

すべて青信号だ。

二人の俳優の優れた外観にふさわしい演技力まで備え常勝疾走した。

2003年、チソンはSBSドラマ「オールイン」で財閥2世の役割を担って一躍スターダムに上がった。

翌年の2004年にはSBSドラマ「ラストダンスは私と一緒に」で主演級俳優に堂々と上がった。

ドラマは視聴率20%後半を突破して多くの愛を受け、特にチソンはこの作品を通じて、

妻イ·ボヨンと縁を結んで、より大きな注目を受けた。


以来、チソンは2007年MBCドラマ「ニューハート」で、第1の全盛期を迎えた。

従来担ってきた重みのある財閥2世のイメージを破り、

人間的で気さくな胸部外科医に扮したチソンは、

水木ドラマ1位を固め競争作を軽く引き離した。


病院内の勢力争いとお金、ヒューマニズムの間で

肯定的な笑顔を失わない人間味を見せてくれたチソンは、

高品質メディカルドラマの命脈に一線を引いた。


一方、クォン·サンウは、2003年に出演したSBSドラマ「天国の階段」で

一気に韓流スターの座に輝いた。

俳優チェ·ジウとシン·ヒョンジュンの出演に加え、

青春スタークォン·サンウの合流で「天国の階段」は、放映前から大きな注目を浴びた。


「天国の階段」は、放送2回で、視聴率20%を記録し、

国民ドラマの兆しを見せて、10回になると、40%台を突破、

43.5%という記録的な視聴率で幕を閉じた。


「天国の階段」は、まだ話題に上る名品メロドラマ。

特に「愛は帰ってくるんだ!」と叫んでクォン·サンウがブーメランを投げかけシーンは

10年以上経った今でも胸をキュンとする名場面を残した。


4472ebbe3c93810a1af3140306f44d8e.jpg

#Round 2 - 「キルミヒルミ」チャ・ドヒョンvs「野王」ハリュ

2010年代に入ってクォン·サンウとチソンのドラマ成績は悲喜が交差した。

チソンは水を吸い上げた演技力という賞賛を受けて勢いに乗ったのに対し

クォン·サンウが参加した作品は、話題になったのだが、

彼だけの存在感を発揮できないまま放映終了を迎えた。


2011年MBCドラマ「ロイヤルファミリー」とSBSドラマ「ボスを守れ」などで

軽重を問わずキャラクターを行き来しながら、安定した姿を見せてくれたチソンは

2013年KBS2ドラマ「秘密」に頂上へ向かって始動をかけた。

この作品で、彼は致命的な魅力を持った悪い男「ジョ・ミンヒョク」を演じた。

悲劇的な周辺環境と絡まり合った4人の男女の四角関係の中心に立ったチソンは、

深く息をのむ感情線を維持し、幅広い演技力を披露した。


そして2015年チソンの第2の全盛期が到来した。

MBCドラマ「キルミヒルミ」で7人の人格を披露した。

性別と外見はもちろん、性格までまちまちである7つの人格を違和感なく消化

完璧に近い演技力を誇った。

思いやりのある「チャ・ドヒョン」と冷たい「シン・セギ」、キュートな「ヨナ」と

憂鬱な「アン・ヨソプ」など劇の活力になったチソンは、

「キルミヒルミ」で年初のお茶の間を熱くした。


一方、クォン·サンウは、2010年SBSドラマ「大物」で

コ·ヒョンジョン、チャ·インピョと一緒にカムバックして

コミックと真摯を行き来する演技を披露し続け、

2013年にはSBSドラマ「野王」でスエと一緒に呼吸を合わせて

タフなサンナムジャの魅力を発散した。

両作品とも視聴率の面では、20%後半を上回る記録を立てたが、

ヒロインにスポットライトが集中し、作品内で、クォン·サンウの活躍はぬるかった。


2014年、「天国の階段」のヒーローたちがSBSドラマ「誘惑」に再団結した。

クォン·サンウとチェ·ジウが11年ぶりに意気投合したもの。

二人の俳優の出会いに多くの人が注目したが、

視聴率は二桁をやっと越えるほど惜しい放映終了を迎えた。

976788e953f895e4c9d5ebd310cfb3ab.jpg


#Round 3 - 「私のPSパートナー」ヒョンスンVS「マルチュク通り残酷史」ヒョンス

チソンのスクリーン成績はブラウン管での波及力と比較したとき、多少不振だ。

映画「血の涙」は、220万人の観客を集め、

「私のPSパートナー」は公開12日目で130万人を突破して良い成績を期待したが

総観客数約180万人で幕を下ろした。

2014年チュ·ジフン、イ·グァンスが一緒に映画「良い友達」は

40万人の観客を集めることにとどまり、切なさを催した。


一方、クォン·サンウのスクリーン活躍は格別だ。

2003年の映画「同い年の家庭教師」で

クォン·サンウは、最初の代表作に会った。

彼は28歳の年齢で不良高校生役を自然に消化し、

流行の言葉で「ツンデレ」といわれる悪い男の魅力を発散して、

女性ファンらの全面的な支持を受けた。


彼の映画キャリアの頂点は、2004年ユ·ハ監督の「マルチュク青春通り」。

1978年マルチュクを背景にしたこの映画は、10代の日常と逸脱、

学校内の隠された暴力を加減なく収め内俳優らの好演だけでなく、作品性を認められた。

そして、その中心にはブルース·リーに憧れる模範生クォン·サンウがあった。


彼は「同い年の家庭教師」と「マルチュク青春通り」で、それぞれ493万人、310万人を動員して

引き続い作品で興行を達成した。

特に「マルチュク青春通り」で「第41回大鐘賞映画祭」で男人気賞を受賞し、

トップスター隊列に安着した。


以降クォン·サンウは映画「青春漫画」、「悲しみよりもっと悲しい物語」、

「戦火の中へ」など様々なジャンルで安定したフィルモグラフィーを積んだ。

また、中国に進出して、韓流スターの地位をしっかりとした。

映画「影の恋人」では、中国のトップ女優セシリア·チョンと呼吸を合わせ、

「チャイニーズ·ゾディアック」ではワールドスタージャッキー·チェンとコミカルなアクション演技を披露した。

d4f31084a5a0db15a883e386b5ee7f4f.jpg

チソンは「キルミヒルミ」を正常に完了した後、

第2の全盛期と呼ばれる人気の街道に上がったが

6月中旬には綺麗な娘を得る二重の慶事を迎えた。


彼はしばらくの間、妻、イ·ボヨンを守り、娘バカの姿を誇り、家庭に忠実な計画。

しかし、「キルミヒルミ」の中の7つの魅力にたっぷり陥った女性ファンたちは

彼の復帰を号泣して待っている。


クォン·サンウは映画「探偵:ザビギニング」で4年ぶりの国内スクリーン復帰を発表した。

映画は6月26日にクランクアップし、今年の秋に公開を控えている。

久しぶりにコミック演技に戻ったクォン·サンウは、

韓国のシャーロックになりたがっている推理オタク「カン・デマン役を演じ、

大きな笑いをプレゼントする予定だ。



目をこすってもう一度見ても特別な既婚男性俳優たちのビジュアル。

優れた外観と同じくらい自他共に認めるの演技力にテレビ劇場はもちろん、

スクリーンを行き来する彼らなので、視聴者は見る楽しさが倍になる。

家庭と仕事という二匹のウサギをすべて手に入れた彼らに

さらに深くなったオーラを期待している。


(写真出処:WスターニュースDB、ドラマSBS「天国の階段」、「野王」、MBC「ニューハート」、「キルミヒルミ」スチールカット、映画「私のPSパートナー」、「マルチュク通り残酷史」スチールカット)

bntニュース記事情報提供beauty@bntnews.co.kr


サンウくんは、映画俳優として認められたいのですよね。

お茶の間から、忘れられないようにドラマに出たい。

演技を認められたい。

今度の『探偵』もまた、重要な意味を持っていますね。

Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2015.08.04(火) 21:01 | | [Edit]

 

〇さん♪

お!
意見が合いました
チソンくん、美味しい役やってますが、私もサンウが上と思ってます

「宿命」の時は、ほんとうにお得な役でしたが・・・
俳優としては、サンウが残ると思っています

どちらにしろ、これからが勝負ですね

NAME:natu | 2015.08.04(火) 21:31 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ☆Smile KSWⅡ☆, all rights reserved.